現在、ペットを飼育する人々が次第に多くなってきました。ペットは自宅での飼育のみならず、家族の一員として扱われます。ペット飼育のコミュニティ形成と、それに従い多くの活動も行われています。

ハノイで最も人気のあるペットは、犬、猫、鳥などです。以前は、ペットを飼う理由は、番犬や猫によるネズミ駆除など、家族にとって役に立つからでした。しかしこの頃、特に大都市では、ペットの飼育はそれより有意義なものになってきています。 外国からの影響により、ハムスター、カメ、爬虫類などペットの種類も増えています。


ここ数年、ペットとしてサソリを飼育する傾向があります。

ハノイでは、若者のみならず中年やお年寄りでさえペットを飼っています。大都市での高齢化率や独身者率が増えていく状況下では、ペットがやはりそういう人々の孤独を癒すわけです。ペットの世話及びペットとの遊びはストレスを軽減し、健康にも良いでしょう。多くの家族は子供が親切で愛情深く成長することを期待してペットを飼っています。
雑種の犬や猫は美しいので、高価でもハノイの人々に大人気があります。ただし、たとえどんな種類のペットを飼育するにしても、特に都市部では飼育費用は全く安くはありません。 飼育の最低費用は一か月30万ドン~50万ドン(餌、衛生など)なので、飼い主は安定した収入が必要です。
ペットに関する多くのサービスも発達してきました。ペット用品の経営はその典型です。ハノイの路上ではペット用品店がよく目に入り、特にホアンホアタム通りなどに多くのペット用品店が軒を連ねています。 Pet Mart、 Petcity、 Lolipetなどといった店舗がペット用品のチェーン店やスーパーに発達しています。


Pet Mart はハノイの6つの地区でそれぞれ店舗を構える、熟練した獣医が在中するチェーン店です。

ショップに加えて、飼い主にとって動物病院は欠かせません。獣医は、今日では人気のある「ホット」な職業になってきました。動物病院やクリニックはますます数を増やしており、特にPetHealth、Funpet HNなどでは熟練した獣医が集結しています。さらに、近代的な医療機器や診療方法を導入しています。

ハノイで13店舗を持つPetHealth病院はペットに向けの信頼度の高い治療の場として知られています。
2019年10月14日ハノイペットレスキューとハノイFunpet病院との協力により犬猫向けの愛護イベントが開催されました。飼い主はペットの健康診断や診療をするためにペットを連れて当イベントに参加しました。

犬や猫の飼い主を引き付けるイベントです。

Funpetはペットの手術をしている威信のある病院です。

ペットの生活面での必須な要求を満たすだけではなく、ペットの外見の美しさや娯楽についても意識する飼い主も多いです。犬と猫の美容室ではシャワー、トリミング、耳掃除、爪切りなど様々なサービスがあります。また、服装、帽子、おもちゃさえも販売しています。ハノイにおいて有名な店舗はMat Petファミリー、ペットコーナー、J&Petショップスパーなどです。特にMat Petファミリーは登録者人数が百万人以上となるユーチューブチャンネルを開設しています。

Mat Petファミリーの犬の入浴についての動画は900万以上の視聴数になりました。

飼い主同士のコミュニティはfacebookで「猫島」や「愛犬の会」のような名前のグループで存在し、たくさんのアクティビティがされています。

愛猫家のグループ「猫島」にてシェアされた投稿は13,000もの「いいね」をつけられています。

また一部の人は、猫を「ボス」や「皇帝」、飼い主を「セン」(お手伝さんという意味)と呼びます。これは愛猫家の若者の間で一般的な用語で、ペットを常に気にかけて甘やかしていることを表します。

このような熱烈な愛情と共に、犬カフェや猫カフェ、犬や猫の愛好家向けのアクティビティはよく知られてきています。

愛猫家向けのMeo’s houseカフェショップです。

こちらではドリンクを楽しみながら猫と遊ぶことができます。

猫の写真とお客さんからのメッセージです。

週末にはペットをバイクに乗せてぶらぶらしたり、公園内を散歩したり、ウォーキングストリートでほかのペットたちと集まったりするのはよく見られる光景です。

バイクで犬と共に街をうろうろすることは多くの人の趣味の一つです。


ペットをハノイのウォーキングストリートで散歩させると、他の動物愛好家と簡単に友達になれます。

このように、日に日に犬や猫を飼い、特別な愛情を注いでいる人が増えています。 そのため、ハノイの Hai Ba Trung 区Truong Dinhには、「Te Dong Vat Nga」と呼ばれる犬と猫の墓地が設けられました。


路地の奥に位置するTe Dong Vat Nga動物霊園はとても静かです。

死んでしまったペットは400万ドン~1000万ドンできちんと埋葬されて、供養されます。これは動物愛好家にとってペットへの愛の表現です。

ペット埋葬地

ある亡くなった犬は、家族によってしっかりと供養されています。

盛んなペット飼育は、多くの負の問題にも繋がります。口輪をかけずに犬を放して自由に走り回らせる習慣が、通行人へ危険を及ぼす、かつ都市の美観を失ってしまいます。それに、おしっこやうんちをさせたたまま掃除をしなかったり、予防接種しなかったりするのは周囲の人々へ迷惑をかけてしまいます。またミドリガメやプレコストムス(観賞用の熱帯魚、吸盤上の口で水中のコケを食べる)などの外来種のペットを飼って逃がすのは周りの人々と生態環境に悪影響を与えてしまいます。